平成29年度(第67回)税理士試験結果 そして第68回へ向けて

平成29年度(第67回)税理士試験結果 税理士試験

 2017年12月15日、「 平成29年度(第67回)税理士試験結果 」の発表がありました。私は法人税法の1年目だったのですが、結果はというと、、、ま、まぁ、そんなかんじです(´・ω・`)合格された方がホントにうらやましいっ(>_<)

平成29年度(第67回)税理士試験結果

 私の受験した法人税法の合格率は「12.1%」でした。例年通りってかんじですね。

 それよりなにより注目すべきは、「財務諸表論」の合格率スゴいですね。「29.6%」ってホントですかっ!?ちょっと合格率高すぎないですか?3人に1人が受かるとか何があったのでしょう?

法人税法 2年目の始まり

 来年はもう一度、法人税法に挑戦っ!リベンジですっ!1年目の受験生には負けないですよっ!なんてったって私は2年目ですからねっ!とかなんとか思いましたけど、そもそも受験レベルにも達していないくらいな実力だったので、2年目だというアドバンテージはまったくもって無さそうです。

 現に理論マスターはいまだに半分も覚えられてないですからね。覚えては忘れ覚えては忘れ、、、の繰り返しで理論は定着するそうですが、どうも私は覚えて忘れて忘れての方が多いような気がします。

 っていうか、よく考えるともう次の試験まであと7ヶ月しかないのですねっ!これはなんかもうすでにけっこうヤバい気がしてきます。ちょっと覚えるペースをあげなきゃかな。

 1年目でも受験レベルに達していなかった私ですが、今回は「上級コース」を受験することに決めています。

 TACさんにするか、大原簿記専門学校さんにするか。迷うところですね。

 私は去年の1年目はTACさんの「法人税法レギュラーコース」を受講していたのですが、今回、大原簿記専門学校さんの「上級コース」を受講するのは危険かな?1年目と2年目で学校を変えることはやめた方が良いのかな?

 日商簿記を合格に導いてくれたTACさん。

 簿記論財務諸表論を合格に導いてくれた大原簿記専門学校さん。

 ウーン、ちょっと考えてみることにしましょう。