軽自動車の安全性 と危険性。なぜ軽自動車の方が被害が大きいのか

軽自動車の安全性

 年末年始等、休日が続くと自動車事故のニュースが増えます。その中で気になるのが「 軽自動車の安全性 」です。普通自動車と軽自動車の事故等になると、普通自動車に比べ軽自動車の方がはるかに甚大な被害を被っているケースが多いような気がします。

 自動車事故が起きた時、なぜ普通自動車の方は助かっても、軽自動車の方は助からなかったりすることが多くあるのかな?「 軽自動車の安全性 」というのはどうなっているのかな?少し調べてみることにしました。

 私の初めての車購入の参考にもしたいと思います。

軽自動車の安全性

普通車と軽自動車をそれぞれ乗ってみて

 私は普段、親の日産さんの「キューブ」という車を借りて乗っています。

 そして、会社の社用車には軽自動車である、SUZUKIさんの「ワゴンR」とダイハツさんの「ミライース」という車があり、銀行回りに使用しています。

 乗り比べてみると、、、軽自動車は確実に「ドアが薄っぺらい」かんじがします。乗車中はもちろん、車から降りてドアを閉める時でも、「え?いま半ドアだった?」「窓があいていたかな?」って確かめることもしばしば。

 軽自動車は燃費を少しでも良くするために全体的に軽いのかな。

自動車事故対策機構による衝突安全性能試験

 独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)さんが「自動車アセスメント」として、車の安全性について、評価しています。

フルラップ前面衝突試験

 前面衝突については、最近は軽自動車であっても自動ブレーキシステム等が装着されてきていますので、このフルラップ全面衝突試験については、軽自動車であっても不利にはならないようなイメージを受けますね。

オフセット前面衝突試験

 これは右折時に直進車と衝突した時などでしょうか。このオフセット全面衝突試験については、軽自動車は普通自動車に比べて軒並み評価が低いです。

 軽自動車はこの当たり方には弱いようですね。

側面衝突試験

 suzukiさんのワゴンRでも、ダイハツさんのムーブでもレベル5の最高評価です。

 動画を見ると首がとっても大変なコトにっ!なっていますが安全性は高いとの評価です。ホントかな?とても無事に見えなさそうなんですけど。。。(>_<)

後面衝突頚部保護性能試験

 後続車から「時速32km」で衝突された時の安全性評価だそうです。

 この評価はまったくアテにならないような気がしますけど、、、

 だって、追突してくる車っていうのは、そもそもがよそ見をしていてブレーキを踏まなかったりとか、はたまた高速道路で前方不注意ということもありますし、時速32kmどころじゃなくて、その倍くらいなスピードで突っ込んでくるんじゃないですかっ!?

 さらに言うと、、、

この試験は同一質量の自動車が停車中の自動車に時速約32km で衝突した際の衝撃(速度変化時速17.6km)を再現したものです。

 「同一質量の自動車」とありますけど、これは軽自動車と軽自動車が衝突した場合の試験であって、現実に軽自動車と普通自動車とが衝突した場合には、重さが違うことから軽自動車側はもっと被害が大きくなるのではないのかな。

 このことからも、この「時速32kmでの追突試験」は、高得点が取れるに決まっているような試験ですね。

 現に、上記のオフセット前面衝突試験や側面衝突試験でレベル3しか取得できなかった軽自動車が後面衝突頚部保護性能試験ではレベル5を取得しており、結果的に平均点が高くなっているという現象が起きています。

 これはもっと高い速度での試験に切り替えた方が良いんじゃないかな?衝突する側も同一車種ではなく、もっと重い車を想定した方が世の中に適してるんじゃないかなと思います。

衝突安全性能試験の結果

 やはり軽自動車よりも普通自動車の方が評価点が高めだということがわかりました。

 そして、よく販売店が宣伝している「安全性評価☆5つ」や「安全性最高ランク」というのは嘘ではないし、間違いではありませんが、そんなにアテにはならないということもわかりました。

大事なのはサイドカーテンエアバッグ(SCA)

 軽いものと重いものがブツかった場合、軽い方が被害が大きいのは当たり前なこと。

 軽自動車の安全性がいくら高くなってきたとはいえ、やはり重さの壁は越えられないので、軽自動車を購入したら、そこはもう「普通自動車と衝突したら自分の方が被害は大きくなる。」理解して、割り切るしかありませんね。

 ただ、その被害を少しでも軽減するために、これから大事になっていくのは『サイドカーテンエアバッグ(SCA)』かなぁというような気もします。

 現に国土交通省も、

電柱などの側面衝突の乗員保護基準の新設等について

自動車局では、交通事故死者数の一層の削減のため、車両の安全基準の拡充・強化等、順次進めています。
今般、自動車の衝突試験を拡充するとともに、国際基準との整合を図るため、以下のとおり「道路運送車両の保安基準」等を改正し、本日公布、施行しました。
(1) 電柱などの側面衝突時の乗員保護基準の新設
(平成30年6月15日以降の新型車より適用)
(2) 燃料装置の燃料漏れ防止等に係る保安基準の拡充
(平成30年9月1日以降の新型車より適用)
(3) 番号灯、灯火器の光源、二輪自動車の灯火器に関する基準を国際基準に整合
(平成32年6月15日以降の新型車より適用)
なお、これらの基準は全て国際基準に調和したものであり、国連の1958年協定に基づき、協定加盟国との相互承認が可能となります。

と報道発表してますし、国も側面衝突の危険性を認識してはいるみたいですね。ただ、まぁまた試験速度は低いですけど。。。

サイドカーテンエアバッグ(SCA)搭載車

普通自動車

  • TOYOTAさん | ヴィッツ‥全車オプション
  • 日産さん | マーチ‥最低グレード以外オプション
  • HONDAさん | フィット‥全車オプション
  • MAZADAさん | デミオ‥全車標準装備

 MAZDAさんスゴイですね。一番安いデミオの最低グレードであっても、サイドカーテンエアバッグは標準装備です。もっと評価されても良いようなかんじがします。

 天下のTOYOTAさんにはもっと頑張ってもらわないと!でも、ただでさえ車は高額商品ですから、サイドカーテンエアバッグを標準装備にすることによるさらなる価格の上昇を現場が嫌っているのかもしれないですね。

 サイドカーテンエアバッグが標準ではなく、オプションにされているということはまだ、サイドカーテンエアバッグは世の中に必要とされていないということ。そんなの付けるくらいなら少しでも安い方が良いやっ!ってみんな思っているということなのかな。

軽自動車

  • SUZUKIさん | ワゴンR‥設定なし
  • DAIHATSUさん | ムーブ‥最上級グレードのみオプション
  • HONDAさん | N-wagon‥全車オプション

 SUZUKIさんは潔いですねっ!サイドカーテンエアバッグよりも値段を抑えることに重きを置いているのかな。

 DAIHATSUさんは姑息ですね。最上級グレードのみオプションって、いったいどれくらいの人が最上級グレードを買うのかな。っていうかそもそも、最上級グレードに付けられるんなら、売れ筋グレードにも付けられるんじゃないんですかっ!?って思います。

 HONDAさんは素晴らしいですね。

最後に

 軽自動車の最大の魅力は『税金関連等の維持費の安さ』ですよね。

 ただ、維持費の安さばかりに目がいって、安全性能を犠牲にするのもどうかな?って気もします。

 軽自動車を運転していて、より車重の重い普通自動車と衝突した際、受けるダメージは軽自動車の方がはるかに大きいです。その時、被害を少しでも抑えるためにも軽自動車に乗るのなら、サイドカーテンエアバッグは必需品なような気がします。

 それを踏まえると現状では、軽自動車を買うならHONDAさん一択になってしまいますね。

 国土交通省の新たな保安基準「電柱などの側面衝突時の乗員保護基準の新設
(平成30年6月15日以降の新型車より適用)」とあるので、それ以降のSUZUKIさんとDAIHATSUさんが、これに対してどう動くのか?ポイントですね。